ロゴ

介護の求人は全国各地どこでも多い

世の中は「高齢化社会」といわれるようになるほど、高齢者の割合が増えています。様々な高齢者施設が増える中、介護を担う従事者を手厚くし、利用者に対するサービスの差別化を図ることが急務となっています。また、介護保険法により、有料老人ホームなどでは入居定員に対する介護職員の配置基準が決まっているため、人材確保が伴わないと、介護報酬に影響するからです。

介護士として働ける場所

手

有料老人ホーム

要介護者や要支援者が入居できる有料老人ホームにおいて、レクレーションの企画や運営を行うほか、入居者のケアプランに応じたサポートを行います。介護士=介護福祉士と位置付けることができ、介護職員の統括といったリーダー的役割も果たします。

デイケアセンター

日常的に支援や介護が必要な高齢者を日中だけ預かって、ケアプランに応じたサポートやレクレーションの運営などを行います。また介護士として統括業務も担っており、利用者の確認や担当スタッフのタスクマネージメントを専業で行う方も存在しています。

在宅ケアセンター

在宅ケアを受けている方に自宅を訪れ、ケアプランに沿った生活ができているかを確認することがあります。また、介護を日常的に行っている家族のケアや傾聴を行うほか、ケアマネや看護師などへの申し送り資料を作るといった仕事を担うこともあります。

経験や資格があれば採用試験でアピールを!

介護福祉士の資格や、高齢者介護の経験がある場合は、採用試験の時にアピールすることで、統括できる地位などにつける可能性が生まれます。職務経歴書などを作成する際には時系列を追って丁寧に作り込んでいきましょう。どのような仕事に携わっていたかきちんとまとめることで、基本給もアップするかもしれません。千葉などには介護士の求人募集が多くなされているので、自分に合った職場を選んで応募すると良いでしょう。

面接と書類選考のときのアピールの仕方を比較

面接では、保有資格や過去の職場についてアピール

どのような資格をいつ取得したか、その資格をどのような職場で使ってきたかなどをきちんと伝えましょう。同業他社への転職の場合、面接官に事業所名を伝えることで、仕事ぶりがダイレクトに伝わりやすいメリットがあります。

書類選考では、時系列を追った経歴をアピール

書類選考では「介護士としていつからどの位どんな仕事をしてきたのか」を職務経歴書によってアピールしていきます。介護士の資格を取得する前の初任者時代からの仕事を時系列でまとめると、キャリアも伝わりやすくなります。

介護の求人へ応募が介護のプロとしての第一歩

車椅子

パートでも正社員の面接でも第一印象は大事

介護士に限らず、どんな職種でも同じことが言えますが、面接の際の第一印象はとても大切です。パート・正社員問わず服装等の身だしなみには特に気を使いましょう。特に、介護の現場は、信用と信頼が第一です。利用者からの信頼が得られなければ、仕事が成り立たないことも覚えておきましょう。「介護=動きやすい服装」というイメージがありますが、面接の際には、スーツなどのフォーマルな服装を選択すると間違いありません。髪の毛も長い場合は束ねることをおすすめします。男性の場合は、整髪料を多用せず、清潔感がある髪型を保つと良いでしょう。

広告募集中